痛くなる前に予防すれば、痛い・怖い思いはしません

予防・定期検診

治療は大切、予防も大切

以前まで「治療」主体だった歯科医療が、「予防」主体にシフトしてきています。これは数多くの臨床実績や治療研究の結果から虫歯や歯周病のメカニズムがあきらかになったことで、その病気を未然に防ぐ方法が確立されてきたためです。

適切な予防処置で、虫歯や歯周病の原因自体を取り除くことができれば、痛い思いをせずに済むのはもちろん、いつまでも健康な歯を保つことができます。そのためには、毎日のブラッシングと歯科医院でのケアが欠かせません。以下では河田歯科医院の予防歯科メニューをご説明します。

当院の予防歯科メニュー

PMTC
PMTCは、歯科医院で行う歯のクリーニングです。歯科衛生士が毎日のブラッシングでは落としきれないプラークや歯石を、専用の器具を使ってキレイに除去します。クリーニングなので痛みはなく、処置後はお口の中がスッキリします。最後に歯を強くするフッ素をエナメル質(歯の表面)に塗って終了です。

フッ素
エナメル質にフッ素を塗ることで歯質が強化され、ミュータンス菌が出す酸に対して強くなります。ごく初期の虫歯であれば、治癒できることもあります。歯磨き粉にも含まれていることもあります。
TBI
TBIとは、ブラッシング指導のことです。患者さん一人ひとり、歯並びやプラークのつきやすさは異なります。そのため、歯科医院ではお口の状態に合わせたブラッシング法を指導しているのです。磨きにくい箇所や、適切な硬さの歯ブラシなど、効果的なブラッシング法をお教えします。

定期検診

虫歯や歯周病は治療できます。そして治療後、ほとんどの患者さんは治療中の通院の手間や治療費を思い出し、しばらく毎日のケアに力を入れます。しかし時間が経つとどうしてもケアがおざなりになっていき、再発してしまうケースが多いもの。

そのため当院では、患者さんに定期的な検診をおすすめしています。治療後の快適な口腔内を保つためには、適切なブラッシングと定期的なメインテナンスが欠かせません。毎日のブラッシングで汚れを落とし、ブラッシングでは落とせない部分の汚れは歯科医院のケアにおまかせください。通院間隔は患者さんのお口の状況を診て決めますが、目安としては半年に1回程度とお考えください。

24時間ご予約できます。WEB診療予約

  • PAGE TOP